資格

介護福祉科

準備中

※準備中。10月頃公開予定


国際ビジネス科 経営管理コース
国際ビジネス科 ビジネスコース

国際ビジネス科 経営管理コース					国際ビジネス科 ビジネスコースのイメージ
目標資格
  • リテールマーケティング(販売士)検定
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト
  • 外国人雇用管理主任者
  • 日商簿記検定3級
  • ビジネス能力検定

・リテールマーケティング(販売士)検定試験

日本商工会議所が運営している資格です。顧客のニーズを的確に捉えニーズにあった商品を提供する「販売のプロ」になれます。商品の開発や仕入、販売、物流などを効率的かつ効果的に行ないます。受験者は、小売業従事者だけではなく製造業や、卸売業、サービス業、さらには流通業界への就職を目指している学生などもいます。

・日商簿記検定3級

簿記は、企業の経営活動を記録・計算・整理して、企業の経営成績と財政状態を明らかにする技能で、この習得度を測るのが、日商簿記検定試験です。企業の活動を適切かつ正確に情報公開するとともに、経営管理能力を身につけるために、簿記は必須の知識です。

・ビジネス能力検定

ビジネスマンと一言でいっても、それぞれの部署で必要なスキルは少しずつ変わりますが、マナーや対応、問題分析などのマネジメントなどは共通して必要となります。もちろん働きながら自然と身に付けるものではありますが、自ら進んで学ぶ方が、ずっと仕事を覚えるスピードも早くなるものです。そのビジネスの能力を計る基準のひとつにビジネス能力検定(B検) があります。

・マイクロソフトオフィススペシャリスト

エクセルやワードなどのマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明できる資格です。

・外国人雇用管理主任者

外国人雇用についての専門知識を身に着け、外国人雇用に関するトータル的なサポートができる人材の育成を目的として設立された資格です。企業が外国人雇用を導入するうえで活用できる各種助成金制度の申請をサポートする「社会保険労務士」やビザ申請の手続きや労働生活相談などを行う「企業の人事労務担当者」等、外国人雇用に関わる全ての方に有用な資格です。


目指せる
資格
  • ビジネス実務法務検定
  • 秘書検定
  • パソコン検定
  • TOEIC

・ビジネス実務法務検定

ビジネスにおいて業務上のリスクを未然に察知し、法的にチェックし、問題点を解決に導く法律知識は、法務部門に限らず、全てのビジネスパーソンにとって必要不可欠な能力です。そのための基礎となる実践的な法律知識を習得するための資格です。

・秘書検定

秘書検定とは、秘書に求められる知識・技能について問う試験です。試験に合格すると、秘書に求められる知識・技能のみならず、一般常識や敬語の使い方、電話応対やビジネス文書の作成など、社会人に欠かせない能力などが身についていることも証明できます。そのため、秘書検定は秘書を目指す人はもちろん、これから社会人になる学生や新社会人にもおすすめの資格です。

・パソコン検定

「パソコン検定試験(P検)」は、パソコン検定協会が実施する初中級ユーザーを対象としたパーソナルコンピュータ利用技能の試験です。社会人に欠かせない能力などが身についていることを証明できます。

・TOEIC

TOEIC® Programは、アメリカにある非営利テスト開発機関であるEducational Testing Service(ETS)が開発・制作している英語コミュニケーション能力の測定テストです。TOEIC® Programは特定の文化を知らないと理解できない表現を排除することで誰もが公平に受けることができるテストとなっており、英語力測定テストのグローバルスタンダードとして世界約160ヶ国で実施、活用されています。